プレスリリース

2008.11.28

seiko

新製品のお知らせ

先新技術とインテリアにしっくりなじむデザイン
世界最薄(*)アナログ電波ムーブ搭載ソーラークロックの新作登場

セイコークロック株式会社

HS533W

HS533W 税込31,500円(本体30,000円)

セイコークロック株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:中村吉伸)は、高級ブランド「セイコーエムブレム」から、人と環境に優しいソーラープラスシリーズに、世界最薄(*)の総厚8.5mmの超薄型アナログ電波クロックムーブメントを搭載した、上質でインテリア性の高い電波掛時計を12月上旬より全国で発売いたします。

注)(*) 2008年5月アンテナ一体型電波クロックムーブメントにおいて世界最薄。当社調べ

◇電波修正機能
電波クロックは時刻情報をのせた標準電波を受信し、自動的に表示時刻を修正するクロックです。
標準電波は独立行政法人である情報通信研究機構によって、およそ10万年に1秒の誤差といわれる超高精度の「原子時計」をもとに日本標準時として管理・運用されており、福島局(40kHz)九州局(60kHz) から全国に発信されています。クロックは周波数の違う東西2つの電波のうち、受信できる一方を自動的に選択して受信します。

《商品の特長》
●薄型ソーラークロック

 

logo_solar(ソーラープラス)

明るいところでは光エネルギーだけで動き、光の足りない場所でも補助電池を使って動き続けるバックアップ機能の付いたソーラークロック「ソーラープラス」がさらに進化して薄型に。ソーラーセルを感じさせない白い文字板は今までのソーラークロックにはない洗練された空間を演出します。

◇明るさテスト機能つき
 お使いになる場所の明るさを事前に確認できます。明るさテストボタンを押すとライトが光り、その色で明るさを3段階に区分します。一般的な家庭の明るい場所で1日8時間以上光を受ければ補助電池を減らさずに動き続けます。薄暗い場所では1日8時間以上光を受ければ、ソーラーと補助電池を併用して2.5年間以上動き続けます。暗い場所でも補助電池により約2年間動き続けます。

●透明感あふれるガラスのフォルム

球面ガラスを用い、より壁にフィットするスタイリングに仕立てました。白色を基調としたデザインは白い壁のインテリアとしても最適です。見やすいアラビア数字はご家庭だけではなく、公共施設や新しいスタイルのオフィスのメイン時計としても、幅広くご使用いただけます。

《薄型ムーブメントの特長》
●世界最薄アナログ電波クロックムーブメント

従来の約1/2である総厚8.5㎜の薄さを実現した世界最薄のアナログ電波クロックムーブメントを開発。 ムーブメントの特長を生かし、壁に溶け込むようにフィットするインテリア性の高いデザインが実現しました。

●高速時刻表示

電波を受信してから時刻を表示するまで1分以内と大幅に時間が短縮され電池交換・時刻修正時に威力を発揮します。

●環境に優しい省エネ設計

高度な技術により消費電力を大幅に低減しました。環境への負担を減らした省エネ設計です。

《製品仕様》
品番 HS533W
希望小売価格 税込31,500円(本体30,000円)
サイズ 直径346×32mm
重量 約1.1kg
材質 ガラス枠 前面:全面球面ガラス
機械体 電波修正式クオーツムーブメント
時間精度 午前2時以後3時間ごとに標準電波を受信し、時刻を修正。
受信と受信の間のクオーツ精度については、平均月差±20秒(気温5℃~35℃で使用した場合)。
使用温度範囲 -10℃~+50℃
付加機能 ソーラー(補助電池によるバックアップ機能つき)
光発電セル 充電池 補助電池
クイックスタート機能(スイッチ一つで工場出荷時にあらかじめ受信していた日本標準時を表示)
石膏ボード用掛金具つき
使用補助電池 リチウムボタン電池CR2032(補助電池)
発売日 2008年12月上旬

※販売目標は、年間1,500個です。